サポート

はんだとは

Sn-Pb系はんだ

錫と鉛を種々の比率で配合した合金

  • 種々の融点を持つはんだができる
  • 錫や鉛単独よりも合金は高強度

しかし、

  • 鉛は人体に有害
  • RoHS(Restriction of the use of certain hazardous substances in electrical and electronic equipment)指令

       ↓

  鉛フリーはんだが主流に
 

鉛フリーはんだの例

handa.jpg

 

Sn-Pb系はんだの状態図概要

18.jpg

Sn-Cu系はんだの状態図概要

 19.jpg

低温はんだと高温はんだ

  • 低温はんだ(低融点はんだ)
    溶け始め(固相線)が183℃未満のはんだ
    一般に、Sn, Pb以外にCd, Bi, In等が配合される
    ⇒耐熱性のない部分の接合等に使用
     
  • 高温はんだ(高融点はんだ)
    溶け始め(固相線)が183℃を越えるはんだ
    一般にSnかPbをベースにAg, Sb, In等が配合される
    ⇒高温にさらされる部分の接合等に使用

    ⇒鉛フリー化により定義変化
     

ぬれとはんだ付界面

  • はんだ付時の現象
    ・金属表面にはんだがぬれる(ぬれ)
    ・Sn※と母材が互いに拡散する(拡散)
    ・界面に合金層を作る(金属間化合物※の生成)

※ 母材がCu、はんだがZnを含まないSn合金の場合

金属間化合物:2種以上の合金成分の化合物(整数比)

金属間化合物は、比較邸硬くてもろい(はんだ付の証、だが、成長しすぎはだめ)

⇒ 最適加熱温度=はんだの融点+(40?50)℃必要とする「ぬれ」が得られたら加熱停止